合宿免許の選び方

ここでの免許は普通自動車免許を指します。社会人には必ずというほど必要な運転免許。現在学生で免許が取れる方の中には、就職等で長期間休暇が取れなくなる前に合宿免許で早く済ませたいと考える方も多いのではないでしょうか。ここでは、免許取得を考えている方へ合宿免許のメリット、デメリットを紹介していきます。まず免許取得までの流れを説明します。入校し適性検査を行ってから技能と学科の第一段階を勉強し修了検定、仮免学科試験に合格します。次に技能と学科の第二段階を勉強し、卒業検定と学科試験に合格し免許交付という流れです。この流れに合宿免許所と普通の自動車学校の違いはありませんが、普通は授業時間と自分の都合が一致する日を探さないといけないのに対し、合宿免許なら元々時間が設定されているので自分で探す必要はありません。もし試験に落ちてしまっても延泊の保証がついている学校がほとんどです。最短時間で免許が取得できるよう設定されているので、少しでも早く免許を取りたい人には最適ですね。合宿免許先の選び方について触れていきます。合宿免許は泊り込みで免許を取得するので、過ごしやすい宿泊施設を選びたいですよね。大きな違いは1部屋あたりの宿泊人数、食堂での料理の有無です。部屋については、1~4人の少人数部屋から、大部屋、相部屋があります。1部屋の人数が多くなるにつれ料金は安くなり、相部屋なら安くなります。筆者も合宿で免許を取得しましたが、そのときは料金を抑える為に友人4人で4人部屋にしました。ですが一人の時間が出来ず、ストレスがたまったので、常に他人といることが苦手な方には1人部屋をお勧めします。食事は、食堂で調理された料理が付いてくるか、自分で購入するといった選択肢があります。食堂ならバランスのいい食事ができおすすめです。同じ量食べるなら毎回買うより食費も抑えられます。もっと安く済ませたい方は、お勧めはしませんが一日1~2食カップ麺にする等といった方法もあります。免許所には、遠方の場合高速バスや無料送迎バスで交通費を抑えましょう。場所によってはカラオケ等の娯楽スペースがある学校もあります。いかがでしょうか、イメージは出来ましたか?合宿免許のメリット、デメリットについてまとめます。合宿免許のメリットは、・短時間で免許が取得できる→習ったことを忘れた、ということが少なく試験に落ちにくい・授業を設定しなくていい・新たな出会いが多い合宿免許のデメリットは、・自分のペースで出来ない・ストレスがたまる・通うより高い、という感じです。合宿免許を考えている方はこのコラムを参考に自分にあう場所を探してみてください!

Copyrightc 2015 Smile Car Corporation All Rights Reserved.